b01_copy

株式会社 人間科学研究所は設立以来20年、セミナーそして、個人カウンセリングの同時進行により、主として企業が抱える人間関係の問題解決にあたってきました。

どんなに大きな企業でも、それを形成しているのは「個人」、一人の人間です。
つまり私たちが生きているこの社会はすべて「対人関係(人との関係)」によって成り立っており、企業であってもその例外はありません。
つまり、人は人との関係によって生きている、仕事が出来ている、という事です。
だから、ほとんどの関係は「対人関係」に端を発している、といっても過言ではないのです。

人から人への伝達、つまり「コミュニケーション」。
それは事務的なことから、取引、雑談といった、私たちの生活のすべてを表しています。

いくらリーダーシップを取れるような資質を持っている人でも、「人から嫌われる」ような人であればリーダーは務まりませんし、またそういった人が仮にリーダーになったとしたら極端な話、その会社は潰れてしまうかもしれません。

また、口が下手で行動が人よりも劣っているのに、営業の成績がトップの人はいくらでもいます。
つまり人は一般的に言われているようなビジネスの能力(プレゼンテーション能力、論理力、理解力、分析力など)だけで、人との関係を持っているのではない、という事です。

人間科学研究所では設立から現在までの20年間に5000人を超える人々が池田弘子のセミナーやカウンセリングを受講しています。
それによって、あらゆる企業での人間関係の改善に貢献してきて、気がついたことがあります。
それは、
管理職、営業職、新人など、縦割りされたひとくくりの教育では人は変わらない
組織を活性化するためには、「個人」に焦点を当て、一人一人の人間力を底上げすること

ということです。

複雑化された世の中であればあるほど、人はあたたかい血の通った生身の人間を求めます。
それはビジネスでも全く同じことです。

詰まるところは「人と人」なのです。

人間科学研究所は人との関わりを核に、企業がもつあらゆる問題の解決をサポートしてまいります。

株式会社 人間科学研究所
代表取締役 池田弘子

The following two tabs change content below.
人前で話す話し方を指導して40年。株式会社 人間科学研究所 代表取締役。あがり症の原因をメンタルと技術の両方からアプローチし克服する方法を指導。受講生は2000名を超える。元アナウンサー。無意識に植えつけられたネガティブな思い込みやブロックを独自のセッションで解放。人前で話すための話し方を主に経営者、セミナー講師、管理職の方へ指導している。