香川県高松市の

強みを引き出す話し方コンサルタント池田弘子です。

 

私たちはいろいろなシーンで

返事を求められることがあります。

 

職場で

勉強の場で

パーティで

交渉の場で

また、さまざまな出会いの場で。

 

先日、博多での母性型勉強会がありました。

「さすが、違うな」と感じることがあったんです。

IMG_4468

勉強会では

私は参加者の皆様に

「これについて、どう思いますか?」

「どなたかこれについてお話して下さる方はいませんか?」

と次々、質問や

意見を求めることが、あります。(とっても強制では、ないですよ^^)

 

また私が主催するセミナーや講習会では

さあ、自己紹介をして下さい。

さあ、今からスピーチをみなさんに1分づつお願いします。

など、いきなり発言を求めることが

よく、あります。

 

みなさんの日常でもきっと

こんなシーンはよくあることかと思います。

 

だいたいは

こういう時

黙りこくってしまうか

周囲の雰囲気読みながら

2、3呼吸くらいの沈黙の後

誰か一人が「では・・・」と恥ずかしそうに

話し出すということがほとんどです。

ba47ba84f5003d830581c9ba7f7b7486_s

しかし先日の博多の勉強会では

私が「どう思われますか?」と投げかけた言葉を受け

間髪入れずに「あ、それはきっと・・」

「はい、私はこう思います」とリアクションをして下さる男性が

いらっしゃいました。

 

ご職業は

パイロットです。

 

 

どんな場でも

誰かの投げかけに

間髪入れずに言葉を返していく訓練を

きちんとされているんです。

f3060916f2bea25d52898539c7d62f27_s

そういう方が一人でもいると

場の空気は驚くほどスムーズに流れていきます。

 

逆に

全員が全員、

「誰かが自分に働きかけてくれることを待っている」人ばかりの場だと

場の空気は緊張したまま、です。

 

うわべだけの気を張った空気がいつまでも続きます。

 

 

誰かに何かを問われた時には

とにかく黙って考え込んでいてはいけません。

 

とにかく、話し始めることが大事です。

しゃべりだしてから、考える癖を身につけるんです。

 

あなたの周りでも

魅力的な人だなあ

惹きつけられるなあ

エネルギーに満ちているなあ

という人は

誰かの問いかけに対して

間髪入れずに言葉を返しているはずです。

 

決して黙ってはいません。

 

間髪入れずに返す

ということは

そこに

頭を介在させず

まず動く

ということが含まれています。

4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_s

「さあ、これについて何か気が付いた人は?」

と問われた時

「はい!」とまずは手を挙げる

そして、「はい!」と手を挙げながら

考えるんです。

switchi

考えながら、言葉をどんどん出していくんです。

 

それが

私がよくみなさんにお伝えしている

コミュニケーションは「ナマモノ」

という意味です。

 

用意したものなら

誰だってできるんです。

 

 

問題は、突然やってくることに

どう対処するか

どう対処できるか

なんです。

 

 

コメントを求められたら

間髪入れずにすぐ話し出すこと、です。

そしてしゃべりながら、考える。

これは訓練です。

syousan

この訓練を繰り返していくことで

間髪入れずに即、行動

ができるようになっていきます。

 

間髪入れずに即、行動がいいのは

誰でもわかってるんです。

 

でも、できないんです。

できない理由は

頭が介在するから、です。

 

■でも、こんなこと言って変に思われないかな

■でも、恥ずかしいし

■勉強してないし

■用意してないし

■もう少し考えてから

いろいろなことが頭の中をよぎります。

 

頭の中をよぎるその前に

まずは手を挙げてしまう

まずは「はい、私は・・」としゃべりだしてしまうんです。

それが訓練です。

 

 

そういった実践トレーニングを繰り返すから

突然依頼された講演や

突然マイクをふられたスピーチや

突然の出会いの場で

余裕をもって言葉を発することができるんです。

maiku

訓練せずにできることなど

何一つ、ありません。

 

 

間髪入れずに言葉を返す

それができる人が

「今のこの瞬間を意識をもって生きている人」です。

 

自分は今、何をしているのか?

という意識をいつも持っている人は

突然の問いかけに対しても瞬時に返すことが、できるんです。

 

間髪入れずに言葉を返す

という行為は

頭の中身と行動を常に一致させる訓練でもあります。

 

「わかりました!」

「頑張ります」

「つぎから頑張ります」

「反省しました」

「気が付きました」

あらゆる言葉があります。

 

いろんな言葉が私たちの中から出てきます。

しかし、私たちはこういった言葉を使うことで

満足してしまいがちです。

 

 

「次に頑張ります」

「こんなことに気が付きました」

という言葉を人に対して使うことで

行動しない自分を棚上げしようとしてしまいます。

 

 

思っていることと

実際に動いていること話していることが

一致していない時

私たちはバランスを崩します。

そして、不安になるんです。

hirou

頭ではこう思ったけど

実際は何もできない自分

口ではこう言ったけど

実際は何もできない自分に

どんどん自信をなくしていくんです。

 

 

それらを解消するために

一番いい訓練は

間髪入れずに言葉を返す訓練です。

 

黙りこくらず

まずはしゃべりだす訓練です。

 

間違っていても、いいんです。

とんちんかんな言葉でも、いいんです。

うまく伝えようとしなくても、いいんです。

 

 

誰かの問いかけに

「はい!」と手を挙げ話しはじめる

というこの行為こそが大事なのです。

 

 

ここまでクリアすれば

しゃべりだしてから考える

という次の関所は

訓練次第でいくらでもできるようになります。

 

 

話す

ということは

人に向かうこと、です。

誰かに向かって自分の言葉を届けること

です。

 

 

 

間髪入れずに言葉を返す訓練は

今、接遇研修をしている4つの企業さんで

実践中です。

 

面白いなあと感じるのは

「そんなの難しいです」

「なかなかできません」という口癖を持っている人は

見事に「難しくできない」自分が増長していきます。

zyosei3

素直に

「あ、じゃあ」とすぐに手を挙げる人は

どんどん次のステージに行ってしまいます。

 

言葉癖って本当に

面白いんですよ。

その人の言葉癖をみていくと

その人が何を心から信じているのか

すぐにわかります。

自分のことをどう思っているのか?

自分はダメな人間だと思っているのか?

自分はなんでもできる人間だと思っているのか?

すぐに、わかります。

 

 

考えるとよけいに難しくなっていきます。

「よしっ」と心に決めたら

その瞬間から動き出すまでに

タイムラグは少なければ少ないほど、いいんです。

 

その時間が長くなればなるほど

できない

難しい

そんなの無理

面倒臭い

が押し寄せてきます。

a6a76ea6a5ed7816632e1846af4e6b7c_s

あ、いいなあ

と思ったけど、一日寝ると気分が変わることは

ありませんか?

 

いい話を聞いて感動してかえってきても

ネットで検索して情報を集めているうちに現実に引き戻されてしまうことは

ありませんか?

 

それが

現代人の落とし穴なんです。

 

仕事も

勉強も

恋も

結婚も

間髪入れずに即、行動

の応用編です。

 

 

間髪入れずに即動くから

次の展開へ進むんです。

 

今、うまくいっている人は

間髪入れずに動いてきた結果、です。

間髪入れずに動いてきた結果が

今の自分の環境です。

人間関係です。

収入であり、仕事であり、パートナーであったりです。

 

 

「あ、いいな!」と思ったら即、動くんです。

考えてとまっているうちに、即行動する人が

持って行ってしまいます。

 

頭を介在させないようにするためには

訓練しか、ありません。

 

徹底的に「今」を意識している人だけが

どんどん自分を成長させていくことが

できるんです。

IMG_4469

IMG_4468

あなたの強みを引き出す「母性型勉強会」(香川高松会場)

日時:2017年8月23日(水曜日)午後6時30分~20時30分

場所:高松国際ホテル

会費:3,000円(食事代込み)

博多での母性型勉強会は8月30日(木)です(ホテルニューオータニ博多にて)

日時:2017年8月30日(水)午前10時~午後1時

場所:ホテルニューオータニ博多

会費:3000円(食事代込み)

博多会場でのお申込みの方はこちらのページからお申込み下さいね↑高松会場とお間違ないようお願い致します!

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

ぜひ、ご登録下さいね。

この7つの法則は

必ず実行できるものばかりなので

ぜひお試しくださいね。

第1の法則  セルフイメージ

第2の法則 聴き方のすごい効果

第3の法則 第一印象で好感をもたれる方法

第4の法則 人から好かれる声の作り方

第5の法則 伝わる話の組み立て方

第6の法則 あがり症の克服

第7の法則 魔法の言葉 ほめる口癖

あなたが、弱みだと思っていることは

実は「強み」であることはとても多いのです。

あなたの中に眠る強みを引き出し

どんどん世界を広げていって下さいね。

2e8a977f81c2f1335e24c635992f48da_s

話し方が変わるとあなたはこんな風に変わります。

1、説得力が増します。

2、人に好かれます。

3、笑顔が素敵ですねと言われます。

4、はっきりモノを言える人間になります。

5、断れる人間になります。

6、悩みを相談されやすい人になります。

7、話しかけられやすい雰囲気になります。

8、自信がつきます。

9、信頼してもらえるようになります。

10、自分を好きになり、心から人を好きになることができます。

強みを引き出す話し方7つの法則【無料メール】