話し方と顔は一致しています。

香川県高松市の話し方レッスン

あなたの強みを引き出す話し方コンサルタント

池田弘子です。

 

私が一番関わっている世代の女性は40代、50代です。

話し方個人レッスンのご依頼が一番多いのもこの世代の女性です。

zyoseikao

女性一人でビジネスをされている方

女性社長、

女性管理職

女性のリーダー

自営業のご主人を支える補佐役の奥様

専門家の先生

営業職の方

塾の講師

教職の方

さまざまな職業の方がいらっしゃいます。

 

立場が人を作るのか

素晴らしい才能と努力の結果、その立場につかれたのか

どちらが先かはわかりませんが

どの世界でも、女性が一人で自分の足で立ち

自分自身を表現している方は

例外なく、話し方が、素晴らしい、ということです。

 

「ああ、感じがいいな、素敵な女性だな」

と感じる女性はまず、話す言葉がしっかりしています。

 

決して

いきなり友達同士で話すように敬語を崩したり

「えーーー」

「だるーーいい、めんどくさーーいい」

「すいませーーん」

「はーーい」

などといった言葉を使うことは、ありません。

 

言葉が汚い

なあなあになる

すぐ馴れ合いの関係のような言葉をつかう

このような女性は

厳しいようですが

毎日の生活の中で

「きちんとした話し方を必要としない環境」

で生きています。

 

誰からも指摘されない

いつもの環境に、目標とする存在がいない

こうなった時、

女性は、どんどん自分を磨く方向とは

真逆の方へ向っていってしまうのです。

 

 

周囲にいる人も

みんなこんな感じだから

自分のこんな感じでいいだろうと

崩れた言葉の中で長年過ごしていると

外の世界でどんどん成長している人達の姿に

気がつくことさえできなくなってしまいます。

ゆでガエル状態です。

kaeru_s

よほど、自分自身で「このままじゃ大変だ!」と危機感を持たない限り

どんどんその差は広がっていく一方です。

 

女性達は今

成長願望の中に生きています。

私が40代だった頃とは比べ物にならないほど

「自分らしく生きたい」

「自分自身を表現したい」

強く願っています。

 

その勢いと熱意とくいつく姿勢には

驚くばかりです。

 

主婦であっても

今、会社勤めてしていても

現在会社を起こしている女性でも

専門職の方でも

みな、根底には

たった一度の自分自身の人生を

自分らしく思い切り生きてみたいと願っています。

そして、水面下で

着々と準備し

着々と勉強を重ねています。

 

そして、水面下でしている努力を決して

周囲には話しません。

ここが、現代の女性と30年前の女性との違いです。

心打ち明けることができなくなった女性達。

これも、経済優先になり

女性達も競争原理の中に組み込まれ

比較競争する人間関係が当たり前となってしまったツケです。

 

 

このあたりの構造は、母性型勉強会でお話していますので

どうぞこちらもご参加下さいね。

cropped-banner_0630

次回母性型勉強会
テーマは「自分の言葉で話す」
■日時:2016年8月31日(水)18時30分~21時
■場所:高松国際ホテルにて
■会費:3,000円(食事代込み)
■お申し込みは:http://boseinomonosashi.com/study/

 

 

すぐに

言葉が乱れる人は

相手との距離感を取ることがとても苦手です。

近くなりすぎるか、逆に

うんと距離を置いてしまうかのどちらか、です。

koritsue_s

敬語を上手に使えない

目上の人に対しても、ぞんざいな口の聞き方をしている女性が

社会で活躍できるほど

世の中は甘くはありません

 

実際に、

社会に出て

ビジネスのシーンで一人で立っている女性であればあるほど

話し方、聞き方、人に対する態度

ふるまい、相手を思いやる心遣いは

素晴らしいです。

話し方、聞き方が素晴らしいから、

一人で長く立っていることができるといっても

過言ではないのです。

 

 

そして

会話の引き出しが豊富です。

誉め上手です。

ほめ上手な人が人間関係を円滑にすることはわかっていても

いざ誰かを誉めようとするとうまくできない。

いざ誉めようとしても

相手の状況や立場に合わせた誉め方ができない。

これは、

圧倒的に「誉め言葉のボキャブラリー」が少ないのです。

自分の引き出しの中に

「誉めるボキャブラリー」が10個くらいしか、入っていないのです。

だから、ワンパターン。

だから、人を惹き付けることが、できない。

 

誉め上手になるためには

自分の引き出しの中にいつも

「誉め言葉のボキャブラリー」を溜めておくこと、です。

余談ですが、

私の娘は、主人に誉めてもらいたい誉め言葉を

100個以上テキストにして、データで渡しているそうです(笑)

小学生の頃から「書く」ことが大好きだった彼女は

43歳になった今でも「書く」ことによって自分の願望を

次々実現させていっています。

「書く」ことと「話す」ことは

常にセットでなくてはいけません。

 

「そんなの効果あるの?」と最初は半信半疑でしたが

見ていると

確かに、ふんだんに誉め言葉を注がれ

娘夫婦はとても円滑です。

※男性は、ある意味素直で単純なところがありますので

マニュアルを渡せばそのまま素直に実行してくれるんですね。

 

自分が書いた誉めことばだとしても

その言葉を実際に口で言ってもらえると

女性は嬉しくなるものです。

 

離婚してしまった親の二の舞を踏まないように

娘は小さい頃から

人の心の中に興味を持ち

むさぼるように関連の本を読み漁っていました。

そして人がどう感じるか、人とどうしたら心通じ合わせることができるか

そんなことばかりを熱く語っていましたが、

今になってその成果がボディブローのように人生に効いてきているようです。

 

誰とでも、どんな場でも物おじせず

上手に会話し、自己表現する術を身につけています。

その根っ子にあるのは

「自分を成長させどんどん次のステージに行きたい」という

願望です。

 

話し方を学びにこられる方の中には

「私自身が話し上手になって相手を惹きつけたい」

「私自身が、堂々と話せるようになりたい」

「私自身が、自信を持ちたい」

そんな風に、おっしゃる方は多いです。

 

しかし、

どんなに自分だけで

話し方のトレーニングをしても

相手があなたを受け入れてくれなければ、意味がありません。

相手があなたを好きになってくれなければ意味がありません。

 

どんなに営業のトークが上手になっても

目の前のお客様が

「あなたから、ぜひ買わせてください」と

思ってもらわなければ意味がありません。

 

話し方も聞き方も

すべては相互の関係です。

私がいて、目の前のあなたがいる。

この関係性の中で磨かれるものです。

 

私は

自分を引き上げてくれる人から見て

どんな話し方で接しているだろう

どんな聴き方で聞いているだろう

どんな態度で見ているだろう

どんな表情で

どんな姿勢で

どんな口癖でいるだろう?

 

 

あなたに実況生中継のカメラが回されていると

イメージして下さい。

satsuei

その映像にうつるあなたが

周囲から見られている「あなた」です。

 

その映像から流れてくる声が

周囲の人から聞いた「あなたの声」です。

 

ドキッとしますよね?

私も、時々、自分自身の姿、話し方、人と話している態度を

映像に撮影します。

 

話し方個人レッスンでは

映像も頻繁に使います。

 

私がどう感じるか

私がどう見られたいか?

ではなく

相手は私をどう見ているんだろう?

相手は私の言葉をどう聞いているんだろう?

その視点にシフトする時間は

話し方を一気に向上させる上でとても大事なことです。

 

 

 

話し方

会話がきちんとしている人は

お顔もまたきちんとしています。

 

お顔がきちんとされているけれど

話し方がひどい

ということは、ないのです。

 

 

連動しているのです。

 

 

話す力は、あなたが築く人間関係に

直結するものです。

そして、あなたのお仕事にも直結しています。

 

 

仕事ができる人

実績を出している人

長く個人でお仕事を続けてこられている人

周囲の人に引き上げてもらえる人

よく観察してみて下さいね。

 

その人の「顔」と「話し方」は

連動しています。

 

 

香川県 高松市 話し方教室 人間関係の悩み コミュニケーション能力 スピーチ プレゼンテーション力 メンタルを強くしたい 対人関係 話し下手 文章指導 上がり症 緊張タイプ コミュニケーションスキルを磨きたい 岡山県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県より生徒さんがお見えになっています。

yoyakusuru