香川県高松市の

強みを引き出す話し方コンサルタント池田弘子です。

 

「あなたの夢は何ですか?」

「あなたの目標は何ですか?」

そう、聞かれたことは、ありませんか?

4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_s

母性型会話術の講演を聴いて下さり

現在個人レッスンを受けて下さっている

女性とのやりとりを

ご紹介させて下さいね。

 

現在40代の彼女は

めいいっぱい仕事をして子育てをしている真っ最中。

 

最初に私のところに

相談に来られたのは

「従業員とのトラブル」でのお悩みでした。

 

彼女は経営者です。

彼女にはいつも明確な夢があり

その夢に向って努力し続けていました。

 

しかし、彼女が頑張れば頑張るほど

最初は気分よくサポートしてくれていた女性従業員が

辞めていきます。

仕事を教えたと思ったら、すぐにまた辞めてしまう。

kaminokes

さまざまな勉強会にも

熱心に参加し自分を磨いているけれど

自分の会社に戻ると中はいつも大変な状態に。

 

「なんで、こんなに頑張ってるのに

うまくいかないんだろう?」

「なんで、みんなは私の気持ちをわからず支えてくれないんだろう?」

「なんで、従業員は私についてこないんだろう?」

 

いつも何かイライラもんもんとはしているけれど

朝、スーツに着替え出社して

仕事モードになると

やることがいっぱい押し寄せてくる。

 

そんな毎日で

どこか空しい気持ちを感じていました。

 

自己啓発の本を読むのが若い頃から

大好きで、「こうやって夢を叶えた」

「目標を立てその目標に向って走り続ける」といった

本を読んでいるとその時は気分が高揚に

「よしっ、やるぞ~」と思うのですが

またすぐにテンションが下がり憂鬱な気分を

なんとか前向きなポジティブなものへ持っていくのに

必死の毎日でした。

 

私は彼女との

やり取りの中で

「どうして、夢を叶えなきゃいけないって、思うの?」

と彼女の言葉の奥を探っていきました。

youshi

彼女は

驚いた表情で

「え?だって、先生、夢に向って努力しない人間なんてダメ人間じゃないですか?

人間はすぐダメなほうへ流れるからずっと努力して目標を持ち続けてないと

すぐダメになっちゃうじゃないですか?」

それが「あたりまえ」という表情で

語ってくれるたのですが

言葉の最後には

「・・・・でも、なんだかそれもなあって最近思うんです」

と、目を伏せてしまいました。

 

私はありがたいことに

30代からずっと女性達と多く関わってきました。

女性のためのセミナー

女性のための勉強会を重ねてきたので

多くの女性達の「リアルな悩み」

向き合ってくることができました。

zyoseikao

今、多くの女性達は

何かをしなくてはいけない、と思い込んでいます。

 

今回の彼女のように

「夢を持ちその夢を叶えなきゃいけない」と

当たり前のように思っていたり

「世の中で多くの人に注目されるように

ならなくてはいけない」と思っていたり

しています。

 

しかし

内面はいつもざわつくのです。

何かにならなくてはいけない

何かを外側に身につけていかなくてはいけない

そう思っている時

私の意識は外へ外へと向います。

 

心が外に向かっている時

私達は、自分の内側へ意識を向けることは

できません。

 

彼女は悩んでいました。

とても、悩んでいたのです。

「先生、私、人との付き合いがしんどいんです。

面倒くさいって思ってしまうんです。

お客さんと付き合うのは仕事だから割り切って

笑ったり飲んだりできるけど

家に帰るとどっと疲れてしまうんです。

zyose45i5_s

家に帰ると

外で人に気を遣っているぶん

子供や夫と話す余裕など、ありません。

外でさんざんお客様に気を遣って

会社に戻ると若い社員達に気を遣って神経磨り減らし

家に帰るともうぐったり、なんです。」

 

いかがでしょう?

今、こんな働く女性達はとても増えています。

外で戦っているから

家に帰るとボロ雑巾のようになって疲れてしまうんだ

だから、家で家族と会話する余裕なんて

ないんだ。

1人にしておいてくれ・・・・

これは、働きづくめだった男性が思わず言う言葉ですよね。

 

外で気を遣ってきたんだから

家(内)にまで気を遣うことなんてできない

こんな風に女性たちが、

完全に「男性化」してしまったんですね。

kenkas

 

それは

疲れるはずです

人間関係がわずらわしくなってあたりまえです。

家に帰ったら抜け殻になってあたりまえです。

 

 

彼女が

「頑張り続けなくてはいけない」

「夢を叶えない人間はダメな人間」

と自分で自分にスパルタ式思考をしいていたその原因は

彼女の育った環境に、ありました。

 

 

彼女のお母さんは

彼女が中学2年生の時に

父親と離婚しました。

 

そこから彼女はお母さんと一緒に暮らしはじめました。

 

彼女のお母さんは頭のいい女性で仕事もし

そしてとても魅力的な雰囲気の人だったと、言います。

 

まもなくお母さんは再婚し、

新しい家族と一緒に暮らすことになりました。

 

その頃の時の自分を振り返ると

彼女は自分のことをこう語ります。

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

反抗期などは一切なく、

とにかく愛想のいい子供だった。

 

愛想を良くしているとかわいがってもらえるし

わがまま言ったり反抗している同級生を見て

子供っぽいなあと思っていた。

 

自分はもう大人で、

周囲の同級生が幼稚に感じていて

友達もほとんどいなかった。

 

家の手伝いもよくしたし

勉強やスポーツもよくできた方だと思う。

 

成績がいいと誉めてもらえたし

頑張っていると誉めてもらえたので

もっともっと頑張ろうといつも思っていた。

 

大人びた子供だったので

母親も手がかからない子だと思っていた。

母親に甘えた体験もなく

わがままいったり

迷惑をかけたりすることは

いけないことだと強くあったので

母親を困らせるような事はまず

言ったことがない。

 

 

2時間以上、ずーっと自分自身の子供時代からの感情を

会話の中で繰り返していくうちに

ある瞬間彼女がはっと、する表情になりました。

 

 

「あ、先生、だからかもしれません!

私、ここぞって時に、自分の気持ち言えないんです。

結婚してた時にも、本音が言えなかったし

友達と嫌な感じになって悲しかった時も、本音が言えなかった。

会社でトラブルが起こって人が辞めた時も

肝心な自分の気持ちを言えてないんです。」

 

人は、自分の内面へ意識を向け

言葉を引っ張り出していくうちに

こんな風に、自分で自分の本音に気がついていくのです。

 

それが、人間の仕組みなんです。

 

大事なところで

自分の気持ちを相手に言えない

ぐっと飲み込んで黙ってしまう

これは、小さい頃に自分を守ろうとしたために

無意識につけてしまった習慣です。癖、なんです。

 

本当はかまって欲しい気持ちを

言葉にしたらわがままだと思われる

わがままいったら嫌われるんじゃないか

反抗したら、愛されないんじゃないだろうか

 

子供の頃

私達の心はとってもとっても

やわらかいのです。

7fdee1d24331e4e006c52a5b9f639889_s

とてもやわらかいので

すぐに傷ついてしまうのです。

 

私達は、「もう傷つきたくない」そんな防衛反応から

自分の思っていることは

言わないで飲み込んでおこう

という習慣を身に付けてしまっているのです。

 

 

自分の心からの本音よりも

今、目の前の人と問題を起こさない

関係を波立たせないことの方を

選択してしまったたため

自分自身の「本当はこうしたいんだ」という本音は

無視され続けたままです。

kagami

私のところには

自分を表現したいんです

もっと魅力的な話し方を身につけたいんです

もっと人と惹き付けるような話し方をしたいんです

自信が溢れるような話をしたいんです

という方がご相談やレッスンに

お見えになります。

 

 

しかし、

毎回お伝えしているように

話す言葉は

見られています。

 

そして

内面から溢れ出たもの

それが

言葉であり

伝えたい何かが溢れたものが

相手に勝手に伝わっていくだけ

なのです。

 

話し方はテクニックでは

ありません。

 

どんなにテクニックを駆使した上手な話し方を

される方でも

心から溢れ出た言葉で

伝えてこようとしてくる人には

かないません。

 

その人が

話す言葉は

その人の内面が

溢れたものに

過ぎません。

 

テクニックで

どんなに自信ありそうに見せることができたと

思っていても

実は隠せていないのです。

 

あなたも

そういう瞬間を感じたことがあるはずです。

 

 

長い時間をかけて

やりとりをした彼女は

つい先日こんなことを

私に伝えてくれました。

 

 

「先生、私、いままで

人嫌い、人めんどうくさいって思ってたんです。

でも、実は違ってました。

私、人と一緒にいたくてしょうがない自分だったってことに気がつきました。

辞めていった従業員のことも

別れた夫のことも

離れていった友達のことも

そんな人間ならこっちがいらないって強がってたけど

本音は、仲良く一緒にいたかった

もっと本音で話したかった

でも、そんなこと言ったらバカにされるって思ってました。

そんな弱音を吐いたら自分の負けと思っていました。」

 

とってもすっきりした表情で

柔らかい本来の女性らしさが表に

でてきたような彼女でした。

 

頑張り続けないと

自分は認めてもらえない

という思考

夢を叶えないと自分はダメな人間だ

という思考

美しくいい女じゃないと

人に愛されない

という思考

多かれ少なかれ

私達の心の根っ子に

他者から認められたい

という気持ちがあります。

 

しかし

行き過ぎると

認めらていない自分

社会で輝いていない自分は

ダメな自分

価値がない自分と

思い込んでしまう危険も

あるのです。

 

私達は

誰しも無条件に認められる存在です。

母は子を無条件に愛しているんです。

 

◯◯ができたから、愛する

という条件付きではなく

何もなくても

一緒にいるだけで

嬉しいんだよ、という存在なんです。

36e30fea56f39e269525cf33f8c8cece_s

母親が条件つきで子供を愛する言葉を使うようになると

その子供は、

「◯◯しなくては愛されない自分」を獲得してしまいます。

 

◯◯しなくては愛されない自分はまた

◯◯な人でないと私はあなたを愛せない

という人間関係のパターンを作り出してしまうのです。

 

 

人間関係は

自分がいつも思っていることが想いとなって

その関係性を見事に引き寄せてきます。

 

◯◯でないと愛されない私だから

相手を愛することに条件が必要になってくる

という関係を見事に引き寄せてしまうのです。

 

 

私は、母性型会話術ということを教えています。

それは、話すことにより

会話することにより

「自分を理解し」さらに

相手を知っていくための考え方なのです。

 

 

魅力的な話し手になるためには

まずは自分を知ることです。

 

多くの人は、

本当の自己紹介さえ、できません。

自分を知らないから、です。

 

自己紹介とは

私はこういう人間なんだってことを

伝えたい人に熱く伝えていくことを言います。

 

私はどんなことを感じている人間なのか

私はどんなことを信じている人間なのか

私はどんなことを愛していて

どんなことを嫌だと感じる人間なのか

私はどんな人と出会ってどんな人生を歩いていきたいのか

それを

語りつくすのが

自己紹介です。

 

 

今、「繋がり」という言葉がよく言われますね。

繋がりが欲しい

みな、言います。

 

しかし、

多くの人は

自分は黙って座っているけれど

あなたから私に繋がってきてね

という状態です。

受け身なんです。

8dd6f7b51862728c309158d717c6cd25_s

自分が繋げるのではなく

他人が自分に繋げてくれるものだと

思っているんです。

 

 

繋げる

発信源は

「私」自身です。

まずは、自分なんです。

 

 

だから、

私が、やります。

私が、決めたんです。

この「私が」という言葉が重要なのです。

 

 

多くの自信がない人は

この「私が」が、抜けているんです。

 

すべては

「私」が、決めて話しはじめることで

大きく変わるんです。

 

職場も

家庭も

友人関係も

「私が」話すことで

うまくいきはじめるのです。

 

女性がむっつり黙りこみ

「あなたが私を察してよ」という考えになってしまったら

なにもかも

うまくいかなくなるんです。

 

 

言葉を発しましょう。

失敗しても、いいんです。

誰もやってないことはできなくてあたりまです。

人がいる場で勇気をもって

自分の体験を

自分の気持ちを

「こんなこと言ったら引かれないかな?」という気持ちを乗り越えて

声を出してみましょう。

oksain

声は、ただの情報の伝達ではありません。

 

湧きあがった感情を声にする習慣をつけましょう。

ざわざわする違和感を飲み込まず声にする習慣をつけましょう。

 

声が出るようになると

人との距離感が変わります。

 

私達は、独りでは生きていません。

スマホを片手にたった一人でも

食事して生きられるように勘違いしてしまいそうですが

実は人は1人では生きられないんです。

コミュニケーションは水や空気と同じです。

 

ないと、死ぬんです。

私達は、死ぬ時まで人が必要なんです。

 

一緒にいたい

仲良くしてたい

愛されたい

愛したい

近くにいたい

そばにいて欲しい

これは本能です。

 

その本能を無視して

一人でも誰の世話にもならず強く生きていけるのって

ふるまっていると

あなたの周りの人は、自分の存在価値を失います。

 

 

一緒にいて欲しい

ずっと仲良くしたいんだ

私の気持ちを聴いて欲しい

言葉にして人に打ち明けていける人は

素敵です。

 

自分の弱みをどんどん見せて表にだし

あなたの助けが必要だと素直に言え

間違っていたらごめんなさいと言える人は

決して孤独にはなりません。

 

今、多くの人の心が元気がないのは

繋がる人がいないから、です。

 

それぞれが

「他人の助けなんて必要ない。私は強いんだから」と

誰にも弱みを見せずに

誰にも本音を語らず生きていこうと

しているから、です。

 

競争社会は、

弱音を見せたらすぐやられる

と思い込ませる社会です。

 

 

母性型的なモノサシをもった人の育成が

急がれています。

世の中が急速に競争社会化に突入し

女性までもが男性顔負けに「男性化」しています。

 

 

世の中が

厳しい競争の父性型に傾いている今だからこそ

母性的な力が必要なのです。

特に、企業のトップが、「父性」だけではなく「母性」も合わせ持ったリーダーが

必要なのです。

 

 

あなたの弱みを強みに変える母性型会話術プレセミナー

ぜひお越し下さい。

4月9日(日)13時30分~16時開催決定です。

プレセミナーだけでもお越しくださる価値あるものと

考えております。

 

anan2

http://www.reservestock.jp/events/176077

詳細はこちらをご覧下さいね。

 

こんな方はぜひお越し下さい

■競い合って消耗する男性発想から抜け出たい方

■資格を取ったけれど一生食べていけるか不安な方

■人に頼ることが苦手で自分1人で悩んでしまう癖のある方

■将来独立したいけど対人関係の不安を抱えている方

■頑張り続けなきゃいけないと思って疲れてしまった方

 

 

追伸 栗林公園に早朝に散歩するのが日課です。

栗林公園北門でてすぐの喫茶「ほとり」さんで

日曜日の午前中に、お茶を飲んでおしゃべりをしています。

よければぜひ今週日曜日いらっしゃって下さいね。

今日はこれから東京にでかけてきます。お会いできること楽しみにしていますね。

 

 

母性型勉強会もぜひお越し下さいね。

どうぞこのテーブルにあなたの話したいことを出してみて下さいね。

IMG_3842

あなたの強みを引き出す「母性型勉強会」

日時:2017年4月12日(水曜日)午後6時30分~9時

場所:高松国際ホテル

会費:3,000円(食事代込み)

http://www.reservestock.jp/events/177651

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

ぜひ、ご登録下さいね。

この7つの法則は

必ず実行できるものばかりなので

ぜひお試しくださいね。

第1の法則  セルフイメージ

第2の法則 聴き方のすごい効果

第3の法則 第一印象で好感をもたれる方法

第4の法則 人から好かれる声の作り方

第5の法則 伝わる話の組み立て方

第6の法則 あがり症の克服

第7の法則 魔法の言葉 ほめる口癖

あなたが、弱みだと思っていることは

実は「強み」であることはとても多いのです。

あなたの中に眠る強みを引き出し

どんどん世界を広げていって下さいね。

2e8a977f81c2f1335e24c635992f48da_s

話し方が変わるとあなたはこんな風に変わります。

1、説得力が増します。

2、人に好かれます。

3、笑顔が素敵ですねと言われます。

4、はっきりモノを言える人間になります。

5、断れる人間になります。

6、悩みを相談されやすい人になります。

7、話しかけられやすい雰囲気になります。

8、自信がつきます。

9、信頼してもらえるようになります。

10、自分を好きになり、心から人を好きになることができます。

http://www.reservestock.jp/subscribe/62792

強みを引き出す話し方7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

香川県 高松市 話し方教室 人間関係の悩み コミュニケーション能力 スピーチ プレゼンテーション力 メンタルを強くしたい 対人関係 話し下手 メンタルレッスン メンタルヘルス 文章指導 上がり症 緊張タイプ コミュニケーションスキルを磨きたい コーチング 伝え方 伝わる話し方 四国各地 岡山県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県より生徒さんがお見えになっています。

yoyakusuru

株式会社 人間科学研究所