香川県高松市の

強みを引き出す

話し方コンサルタント池田弘子です。

 

もう今年もあとわずかですね。

今日と明日今年最後の個人レッスンで

私も今年のお仕事は終了です。

 

特集記事に掲載して頂いたものです。

kijihibiki1

kijihibiki2

このような記事を書いていただく時は

インタビューをして下さりながらライターさんが記事を作って下さいます。

上手な引き出し役の方だと、

とっても気持ちよく自分でも忘れていたようなことまで

思い出すことができたりします。

 

いい話し手になるには

いい引き出し役の聴き手がいること

ということを実感したインタビューでした。

 

書いて頂いた記事をご紹介させて頂きますね。

「小さい頃は内気ではずかしがり屋の目立たない子だった」という池田さん。

しかし同時に

もっと自分を表現したい

わかってもらいたい

という願望も抱いていた。

1c3175edea1dd185e66aee549859feb9_s

成人し、アナウンサーとして放送局に勤務した後、

結婚そして出産。

 

「家庭に入ったものの、家族、パートナー、子供

いろいろな関わりの中でうまくいかないなあ・・・

相性って何だろう?

と漠然と悩んでいました」

 

そんな時、その後の生き方を変える大きな出会いと

気づきを経験する。

 

「ある人から言われたことが私の人生の転機となりました。

『貴女はまだ自分の能力の半分も活かしきれてないよ。

そんなの無理だと自分の心に鍵をかえてしまっていないか?

その鍵を外すことが真の能力開発なんだ』

cd11ebbe57104ae7ee3cc14e5cc2c7ba_s

それ以来、潜在意識の研究を重ね

現在の池田弘子のメンタルレッスンの基礎になっています」

 

人は自分では自分を変えられない

他者との関わりにおいて初めてそれは可能となる。

そしてその変化は組織の活性化へ繋がる、と池田さんは言う。

 

「企業でも、もはやひと昔前の指示命令型の上司では

部下はついてきません。

nakamas

物が溢れ物質的には満たされている時代ですが

効率を優先するあまり人間関係が無機質になり

人と人との絆が薄れています。

 

だからの「北風と太陽」の話に出てくる太陽のように

ほんわかした心でじわじわとテンションをあげていくことが大切です。」

kokoros

そこで重要な鍵となるが

「母性」である。

 

「母だから母性、というわけではなく

子供を持たない女性にも

男性も母性は備わっているものです。

四国には「さぬき男とあわ女」という理想のペアを表す言葉がありますが

実は縄文時代以前の上古代に既に

「サヌキ性・アワ性」という概念が存在していたようです。

男の本性である意欲的に前進する「サヌキ性」と

そんなサヌキが上手くいくように前後左右に心を配り

その安全を守ろうとする「アワ性」。

男女を問わず、私達の中にはこの2つの性が存在します。

 

これからは

男性も女性も

優しさや思いやりといった相手に安心感を与える

「母性型思考」を取り入れることで

家庭や職場を明るく活気あるものに変えていけると

私は考えています。

anshin

例えば

部下の話をよく聴き

喜んで能力を発揮したいと思うようにさせられる上司や

対立せずに相手をうまく受け入れられる部下など

企業内によりよい信頼関係を築くには

「母性型思考」が不可欠だと池田さんは言う。

 

なるほど

他者を包み込む優しさや共感できる思いやりは

あらゆる場における円滑な人間関係の基礎である。

それを築くための「母性型思考」は

今後ますます注目されそうだ。

 

全国各地での講演や企業・個人向けの研修

「母性型原理」の勉強会など

多方面で活躍する池田さんだが、

人に教えるという感覚は、ない。

上から目線ではなく共感したい、と言う。

 

現代は「以心伝心」ではなく

「伝えなければわからない」という時代。

大切なのはどう伝えるか?です。

私はよく「話は見られている」とお伝えしています。

 

態度動作表情など

言葉以前に相手に与える印象とても大切です。

7ca81096a5d6890fca0629997f12f049_s

コミュニケーションにおいて大切なのは

度胸と愛嬌。

背中を丸めてうつむき加減の人には

「勢!」とポンと背中を押してあげる。

姿勢を直すだけでも

雰囲気はまるで変わってきます。

 

 

しかし

よい人間関係を目指すあまり

人に気を遣いすぎてプレッシャーになっては本末転倒だ。

人に好かれようとするよりも

人に嫌われないことだけを気をつけてやっていくほうが

実践可能である。

「その方がラクでしょ?楽は決して怠けることではないんです。

安心感があって、やりたいことに集中している時は

楽なはず」

 

楽しく心地いいインタビューの時間の中で

私は、人生を大きく変えてくれたある方との出会いを

思い出しました。

 

あの時、出会っていたから

今の自分がある、という出会いが誰しもあると

思います。

 

出会いは

出会おうと思って出会えるわけではありません。

 

求めているものがある

渇望しているものがある

だからこそ

出会うことができます。

 

最近はよく「メンター」という言葉が使われますが

メンターは、探すものではなく

出会ってしまうものだと私は

思います。

 

求めているものがある

渇望しているものがある

知りたくて知りたくてしょうがないものがある

 

自分の心の奥にある

強く強く求める気持ちが

出会わせてしまうのです。

 

自分から求めていく

自分から手を伸ばしていく

その一歩を踏み出すことができたから

今の自分があります。

 

待っていても

誰も何もしてはくれません。

 

自分から、求めていくのです。

求めていくから、

手に入れることができるのです。

母性型勉強会

日時:2017年1月25日(水曜日)午後6時30分~9時

場所:髙松国際ホテル

会費:3,000円(食事代込み)

テーマ「なぜか上手くいってる人の心の持ち方」

年末でご多忙とは存じますが、ご参加をお待ちいたしています。

「成長・競争・厳しさ」の中で疲れていませんか?

はじめての方もお気軽にご参加ください。

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

ぜひ、ご登録下さいね。

この7つの法則は

必ず実行できるものばかりなので

ぜひお試しくださいね。

第1の法則  セルフイメージ

第2の法則 聴き方のすごい効果

第3の法則 第一印象で好感をもたれる方法

第4の法則 人から好かれる声の作り方

第5の法則 伝わる話の組み立て方

第6の法則 あがり症の克服

第7の法則 魔法の言葉 ほめる口癖

あなたが、弱みだと思っていることは

実は「強み」であることはとても多いのです。

あなたの中に眠る強みを引き出し

どんどん世界を広げていって下さいね。

2e8a977f81c2f1335e24c635992f48da_s

話し方が変わるとあなたはこんな風に変わります。

1、説得力が増します。

2、人に好かれます。

3、笑顔が素敵ですねと言われます。

4、はっきりモノを言える人間になります。

5、断れる人間になります。

6、悩みを相談されやすい人になります。

7、話しかけられやすい雰囲気になります。

8、自信がつきます。

9、信頼してもらえるようになります。

10、自分を好きになり、心から人を好きになることができます。

http://www.reservestock.jp/subscribe/62792

強みを引き出す話し方7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

香川県 高松市 話し方教室 人間関係の悩み コミュニケーション能力 スピーチ プレゼンテーション力 メンタルを強くしたい 対人関係 話し下手 文章指導 上がり症 緊張タイプ コミュニケーションスキルを磨きたい 岡山県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県より生徒さんがお見えになっています。

yoyakusuru

株式会社 人間科学研究所