香川県高松市の

強みを引き出す

話し方コンサルタント池田弘子です。

 

私の講演を聞いて下さった女性が

県外に住んでいるお仕事仲間の女性を連れて

会いに来てくれました。

 

久しぶりに

たらいうどんで有名なおうどん屋さんへ行き

3人でうどんを食べてきました(^^)

 

私は愛媛からこの高松に来た時

最初に食べたおうどんがこちらの「たらいうどん」でして

感激したことを思い出しました。

そうとう昔ですけどね(笑)

 

 

彼女たちのお仕事は営業職です。

彼女のお仕事仲間の女性も彼女とは違う会社ですが

同じく営業職なんです。

zyoseikao300

「彼女、こんな感じですごい売り上げるんですよ!」

嬉しそうに友達自慢をしてくれる彼女。

 

へえ、そうなんだ。

美人というよりはお茶目(^^:)

という言葉がぴったりの

愛嬌抜群のそのお友達。

 

たらいうどんをみんなですすりながら

話をしていると

彼女が「なぜ、売れるか」

ということが

私はわかってきました。

 

成績上位の彼女には中学1年になる娘さんと小学3年生の息子さんがいます。

ご主人は単身赴任。

5年前から営業の仕事を始めました。

 

それまでは

専業主婦をしながら

週に4日午前10時から午後4時まで

メーカーの事務としてパートで働いていたそうです。

 

その職場は彼女にとっては

かなり居心地がよく

上司や先輩に可愛がってもらい

子供連れて食事会や忘年会、たびたびある飲み会に

誘ってもらっていたそうです。

今でもその職場の上司や先輩たちとは仲がいいそうです。

「自虐ネタが得意です(^^)」

とうどんをすすりながら話す彼女は

私が上司なら「かわいがりたくなるタイプ」でした。

 

自分を落として相手を持ち上げる

相手を下げるようなツッコミを入れつつも

絶妙に実は相手を立てている

そういった頭の回転の良さを感じます。

 

パート先の職場の人間関係には満足していたのですが

子供も大きくなったのでそろそろ

正式に社会復帰したいなあと思っていたそんなある日、

そのメーカーに出入りしていた

現在の会社の人に

「うちで働いてみない?」

声をかけられます。

 

営業なんて無理無理

と思っていたのですが

「無理だったら事務職に変えてもいいから」と

いうことで新しい会社に正社員として入社しました。

 

生まれて初めての営業職。

上司は「思ったようにしゃべっていいから」

「きれいごといわなくていいから」

「いつもしゃべってる通りに、お客さんだと思わず話してくれたらいいから」

と彼女に言ってくれました。

 

 

素直な彼女は

そのまま、「自分が思ったままを伝える」ことを

続けてきた結果、

自分が提案する商品を買ってくれるお客さんが

どんどん付いて売り上げが上がっていったそうです。

 

どんな風に営業してるの?

と聞いてみると

彼女はこう言いました。

「営業してるというより、

自分の悩みを聞いてもらってる感じです(笑)」

というんです。

 

え?お客様の悩みを聞いて差し上げるのではなく

あなたが悩みをお客様に聞いてもらうの?

 

するともう一人の彼女がこう言います。

「そうなんですよ~~。彼女

なぜか人の心つかむんですよ」

 

へえ~、悩みって

どんな悩み?

と彼女の今抱えている悩みとやらを

聞いてみたんです。

 

 

今、一番頭を抱えているのは

長女のことです。

 

わたし、自分が勉強嫌いで高校では遊ぶばっかりで

専門学校も途中でやめちゃうくらいだったので

その反動で我が子には勉強させなくちゃ!と

なぜかスイッチはいっちゃって

「勉強勉強」で有名な私立の中学校に入れたんです。

 

でもね、親が勉強してないのに、

子供が勉強すすんでするわけないですよね?

案の定、中学入っても成績は下のほう。

 

こないだ学校面談で先生に言われたんです。

「娘さんには勉強する気が見られません。

この学校に入って勉強する気がないのは

他の生徒に悪い影響を与えます。

親御さんとよく話し合って勉強する姿勢を見せるように

指導して下さい」

 

私、泣きそうになって

娘に「あんた、なんで勉強しないの!」と一応怒るんですけど

娘は「だって、お母さんだって勉強してないけど生きてるじゃん」と

一喝され、私「それもそうだ」と納得しちゃったんです(笑)

 

お母さんの時代とは違うんだから・・・

勉強しておかないとろくな人生歩めないよ

いちおう、聞いてきたような話を娘に言うんですけど

そう言ってる自分が

「なんか、違うな?」って思っちゃって

「ま、なるようになるか」って思っちゃって

「勉強しろーー」って、子供に堂々と言えないんですよね。

 

 

2人の子供見てると

自分のコピーみてるようで泣けてくるんですよー(泣)

私って、小さい頃からお調子もので

異常に人に嫌われるのが怖くて

みんなにいい顔をして気遣って

どっちつかずのどーしようもない気が弱い子供だったんです。

そんな私に気の強い意地悪なクラスメートがいじめてくるんですけどね

「こんなやつ大嫌いだ!」って思ってた性格そのまんまが

今の長女の性格なんです(笑)

 

で、

下の子供が私の子供の頃そっくりで

嫌われたくない大全開のお調子ものの

気を遣いのキャラで。

 

友達同士でもめたりとか

学校から持ち帰ってくるたびに

「まるで昔の私じゃない・・・」って凹むんです。

 

自分が消したい過去を

そのまま再現してくれてるのがうちの子供たちなんですーーー(泣)

 

本当に絵に描いたようには

行きませんよねえ・・・

 

こんな感じでどんどん自分の話しをしてくれるんですが

彼女のすごいところは

毎日毎日感じていることを

赤裸々に語れる

ということなんです。

oksain

 

何も隠さない

何も鎧を着ない

 

それが彼女の強みです。

 

「あなた、すごいわね、そういうこと

いつも赤裸々に語れるのね」

 

すると彼女は

 

「私、自分ってもの知ってますから(笑)

美人でもないし

学歴もないし

子供も出来がいいわけじゃないし

旦那さんも普通だし、

資格もないし

子育てするより飲みに行く方が楽しかったりする自分だし(--)」

アハハハと笑って

話す彼女は自信があるから、なんですね。

 

 

自信があると

自分を大きく見せる必要がなくなります。

そのままの自分の言葉を話せるようになるんです。

 

 

自分がどう感じたか?

それをそのまま作らずに

そのまま言葉に出して語れるようになるのです。

 

 

ナマの言葉は

同じように感じている

同じように日々悩んでいる人の心に

そのまま届いていきます。

特に女性には、届きやすいんです。

 

感じたことをそのまま言葉にせず

「きれいな言葉」

「立派な言葉」

に変えて話そうとすると

一気にリアル感が消え

届かなくなってしまうんですね。

 

 

そんな彼女は成績がいいものだから

異業種交流会でも呼ばれて

「ちょっとうちの営業に話してよ」という機会があるんだそうです。

syousan

ベテランのおじさまの会に呼ばれて話すこともあるそうです。

すごいですよね。

 

女性達の頭の中は

男性の頭の中とは全く違います。

 

理路整然と

きっちりくっきりはっきりの男性は

論理的に

きちっと、

どう役に立つか

どう得するのか

どんなメリットがあるのか

それを伝えることで

通じていきます。

 

しかし

女性の頭の中は

あっちへいったり

こっちへいったり

あっちへ飛び

こっちへ飛びしているのが

日常です。

cd42325316961a2ea0ca102fab3c6b11_s

そんな中で

「あ、わかる~っ、そうそう!!」と

話に惹きこんでいくのは

自分の体験を赤裸々に話すことで

繋がっていくんです。

 

言葉の定義はみな、違います。

 

夫婦仲が改善されました。

よりも、

「昨日、旦那と大喧嘩したんです!

何年もずっと悶々としてて、旦那と私の間にはずっと壁を感じてたんです。

ずっと言い出せなかったけど、離婚覚悟で

思い切って切り出したら向こうも反撃してきちゃって。

でも、そのあとお互い溜まってたガスが抜けちゃったみたいで

「ま、やっぱりくされ縁だし仲良くするか(^^)」なんてことになっちゃったんです。」

 

って方が、

具体的ですよね。

より、伝わりますし

より、共感を呼びます。

 

安心感でいっぱいに。

よりも

「育児に家事に仕事に、歳をとる感覚もどんどんはやくなって

最近疲れやすくて・・・・

私はいったいいつまで馬車馬のように働けばいいんだろう?

朝起きたらそんなプレッシャーで目覚めからずっとブルーだったんです。

でも、◯◯に出会ってから

朝起きた時のブルーが、消えてるんです。

あんなにブルーな気分で、朝から憂鬱だったのに

今はすっと布団から出て朝食の支度をできるようになったんです。

不安がない状態って、生まれてはじめて体験してます」

 

の方が

伝わりますよね。

 

「私と同じだ・・・この人・・・」って

共感してもらえる人がいるかもしれません。

 

 

朝起きてから夜眠るまでの間

私という人間にはいろいろな感情が湧き上がります。

 

朝起きた時

子供の学校に参観に行った時

職場に行った時

お客様に会った時

近所の苦手な人と会った時

「ああ、わかるわかる」

「ありますあります!」

というようなことって

あるはずなんです。

 

 

 

自分が感じていることを

そのまま赤裸々に語れる

ということは

そのまま聴き手の共感を呼ぶことになります。

 

 

彼女の話すことって

私、同じような体験があるからわかる

私、同じように違和感感じたことあるからわかる

私、同じような感情が湧きあがってきたことあるからわかる

そう、感じてもらえるチャンスなんです。

36e30fea56f39e269525cf33f8c8cece_s

売れる言葉

相手に通じる言葉は

どこかから勉強して仕入れるのではなく

自分の中に必ず、あります。

自分の中からリアルな言葉が飛び出してくるんです。

 

自分の感じていることを

そのまま語れる習慣が身につくと

あなたは実は何でも売れるようになるんです。

 

 

売っているものではなく

売っている人を見ているんです。

売っている人の言葉を聞いているんです。

 

 

そういう意味では

本当に自分が価値があると信じているものであれば

相手に対して自分の言葉で語っていくことができますよね。

 

そうでないと感じているものであれば

自分の言葉で語ることは難しくなってきます。

 

 

自分がいいと確信していると

その熱が伝わります。

仕事だからその商品を売らなくてはいけない

と思っていると

その違和感は伝わっていきます。

 

①自分がいいと思っているものを提供する

②自分の言葉でそのまましゃべる

 

この2つがあれば

最強ですね。

 

彼女はその2つが揃っているから

こんな時代に

どんどん売ってるんだろうなあと

思いました。

 

 

 

私の勉強会や講座

セミナーや個人レッスンでは

「あなた自身の言葉で話す」方法をお伝えしています。

 

惹きつける方法

集中させる方法

あがらない方法

相手に伝わる方法は

「あなた自身の言葉で話す」の土台の上に

乗っかるテクニックです。

 

テクニックは実は簡単です。

土台が完成した方には

どんどんテクニックをお伝えしていきます。

 

テクニックは、本当にテクニックなので

ちゃんと使えば面白いほど使えます。

テクニックもあなどってはいけません。

 

 

あなた自身の言葉で話す方法を

ぜひあなたも身につけて下さいね。

一生つぶしがききますから(^^)

母性型勉強会へぜひお越し下さいね。

あなたの強みを引き出す「母性型勉強会」(香川高松会場)

日時:2017年11月22日(水曜日)午後6時30分~20時30分

場所:高松国際ホテル

会費:3,000円(食事代込み)

お部屋の関係上お座り頂けるお席の数のご準備がございます。

ご参加下さる方は必ず事前にお申し込みを頂けますようお願い致します。

■あなたの強みを引き出す博多母性型勉強会(福岡県博多)

日時:2017年11月14日(火曜日)午前10時~13時(12時よりお食事)

場所:ホテルニューオータニ博多

会費:3000円(食事代込み)

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

cropped-header_950250-のコヒ_ー

ぜひ、ご登録下さいね。

この7つの法則は

必ず実行できるものばかりなので

ぜひお試しくださいね。

第1の法則  セルフイメージ

第2の法則 聴き方のすごい効果

第3の法則 第一印象で好感をもたれる方法

第4の法則 人から好かれる声の作り方

第5の法則 伝わる話の組み立て方

第6の法則 あがり症の克服

第7の法則 魔法の言葉 ほめる口癖

あなたが、弱みだと思っていることは

実は「強み」であることはとても多いのです。

あなたの中に眠る強みを引き出し

どんどん世界を広げていって下さいね。

話し方が変わるとあなたはこんな風に変わります。

1、説得力が増します。

2、人に好かれます。

3、笑顔が素敵ですねと言われます。

4、はっきりモノを言える人間になります。

5、断れる人間になります。

6、悩みを相談されやすい人になります。

7、話しかけられやすい雰囲気になります。

8、自信がつきます。

9、信頼してもらえるようになります。

10、自分を好きになり、心から人を好きになることができます。

強みを引き出す話し方7つの法則【無料メール】