香川県高松市の

強みを引き出す

話し方コンサルタント

池田弘子です。

 

第3回は「自己表現欲は本能」をお送りしますね。

 

第1回では、「魅力の正体」が何かをお伝えしました。

第2回では、「多くの人は飢え渇いているという現実」をお伝えしました。

 

 

私たち人間には、

生まれ持った本能的欲求というものがあります。

それが「自己表現欲」なのです。

 

 

他人と競争して

相手よりも自分が勝ちたい

という欲求。

 

他の人よりも

自分が優越感を感じていたい

という欲求。

 

 

これはいけないことではなく

人間だれしも持っている本能的欲求です。

 

 

その欲求を満たすために私たちは

自分の存在価値を世の中に認めさせようと

努力するのです。

 

 

仕事も

結婚も

恋愛も

趣味も

あらゆることは

自分の能力を何らかの手段で形にし

他人にも

世の中にも認めさせ

「私は価値ある存在なんだ」ということを

確かめたいという無意識の欲求なのです。

 

 

いい大学に行きたいのも

子供に行かせたいのも

収入やステイタスが欲しいのも

収入やステイタスを持った人と結婚したいのも

課長から部長に昇格したいのも

資格をより上のものを取りたいのも

すべて欲求を形にしたいからです。

 

 

しかし、残念ながら

私たちは欲求通りには現実は進みません。

 

 

いい大学にいけなかったり

願望通りの結婚相手じゃなかったり

昇格できなかったり

します。

 

 

満たされなかった自己表現欲求は

どこかで満たされなくては我慢ができません。

 

 

そこで、私たちは

「言葉を使って自分を満たす」

という手に出るのです。

無意識です。

 

 

他人をけなしてみたり

いい生活をしている人の弱点を話してみたり

自慢をしてみたり

悪口を言ってみたり

うまくいかない愚痴を言ってみたり

します。

 

 

愚痴っぽい人

自慢ばかりする人

悪口ばかり言う人

これは

自分自身の「自己表現欲求」がうまく満たされていないから

なのです。

 

 

 

自らが主体となり発信し

その発信に対して

多くの人から反響を得ていたり

称賛を得ている人は

この「自己表現欲求」が十分に満たされていくので

愚痴や悪口を言わなくなるのです。

 

 

満たされないものは

どこかで吐き出されていく

という原理原則がある限り

私たちは

自己表現が十分にできない状態や環境にあると

どうしても

愚痴っぽくなり

悪口を言い合う集団でつるんでしまうのです。

 

 

 

しかし

他人をけなしたり

他人の悪口を言ったり

自慢ばかりをしていると

他人を不快にさせたり

怒らせたり

一緒にいたくないと思われたりしていってしまうものです。

 

 

そうしてだんだん孤独になるのですが

愚痴や不満や悪口自慢話の止まらない当事者は

この「心の満たされない感」が一体どこからくるのか

なぜそうなるのかがわかりません。

 

 

世間が悪いんだ

環境が悪い

社会が悪い

政治が悪い

と自分以外のものが自分に

冷酷であると感じてしまうのです。

 

 

 

自己表現欲は本能なのです。

 

 

私たちはどうにかして

自己表現欲求を満たしていく必要があるのです。

 

 

 

現代においては

自己表現欲を満たしてくれる最たるものは

「仕事」です。

 

 

自分がやったらやっただけ

発信したらしただけ

反響がある

集客がある

売り上げが上がる

こういう状態に入っていくと

「自己表現欲」は十分に満たされ続けます。

 

 

私は「人前で話す」ということを特化した

自己表現の仕方を教えていますが

ここ数年の個人の方々の「自己表現欲」の表れには

すごい勢いを感じています。

 

 

ひと昔前であれば「自分を表現したい」なんて

特殊な人のすることでした。

 

 

しかし今では

専業主婦の方でも

OLさんであっても

お堅い役所の方でも

「いつかは自分の足で立ち、自己表現する世界で生きていきたい

考えて必死で水面下で努力し準備されています。

 

 

自己表現欲は本能です。

 

 

自分自身で満たしていく方法に

はやく気が付いた人から

生きやすい時代です。

 

 

これば逆に言えば

自己表現欲求がうまく満たされない人は

心が病んでしまう可能性が非常に高い

ということを意味しています。

 

 

 

第3回の最後に

長生きの秘訣をお伝えします。

 

人間は欲望が強ければ強いほど

生命力が高まります。

 

人を惹きつけたい

そう、思うのは、その心の奥に

「人を自分に惹きつけ利益を得たい」

という意識があるから、です。

利益とは

自分にとって有益なもの、を意味します。

 

 

欲が強い人ほど、

他人を惹きつける力も強くなります。

 

 

教科書には書いてませんよね(笑)

 

 

次回は、「自我の強い人は嫌われる」です。

 

 

「もうあなたと離れられない!」と思わせてしまう会話術を学ぶ母性型勉強会へどうぞお越しください。

あなたの強みを引き出す「母性型勉強会」(香川高松会場)

日時:2017年12月13日(水曜日)午後6時30分~20時30分

場所:高松国際ホテル

会費:3,000円(食事代込み)

お部屋の関係上お座り頂けるお席の数のご準備がございます。

ご参加下さる方は必ず事前にお申し込みを頂けますようお願い致します。

■あなたの強みを引き出す博多母性型勉強会(福岡県博多)

日時:2017年12月5日(火)10時~13時(12時より別会場にて食事スタート)

場所:ホテルニューオータニ博多

会費:3000円(食事代込み)

強みを引き出す話し方 7つの法則【無料メール講座(動画付き)】

cropped-header_950250-のコヒ_ー

ぜひ、ご登録下さいね。

この7つの法則は

必ず実行できるものばかりなので

ぜひお試しくださいね。

第1の法則  セルフイメージ

第2の法則 聴き方のすごい効果

第3の法則 第一印象で好感をもたれる方法

第4の法則 人から好かれる声の作り方

第5の法則 伝わる話の組み立て方

第6の法則 あがり症の克服

第7の法則 魔法の言葉 ほめる口癖

あなたが、弱みだと思っていることは

実は「強み」であることはとても多いのです。

あなたの中に眠る強みを引き出し

どんどん世界を広げていって下さいね。

話し方が変わるとあなたはこんな風に変わります。

1、説得力が増します。

2、人に好かれます。

3、笑顔が素敵ですねと言われます。

4、はっきりモノを言える人間になります。

5、断れる人間になります。

6、悩みを相談されやすい人になります。

7、話しかけられやすい雰囲気になります。

8、自信がつきます。

9、信頼してもらえるようになります。

10、自分を好きになり、心から人を好きになることができます。

強みを引き出す話し方7つの法則【無料メール】