あなたを不幸にするいますぐやめるべき3つの口癖

香川県高松市の話し方レッスン

あなたの強みを引き出す話し方コンサルタント

池田弘子です。

youshi

昨日は話し方個人レッスンでした。

個人レッスンではありますが、

お二人ご一緒でのレッスン。

 

女性の経営者の方と、そこで働く従業員の若い女性です。

先日、講演にお招き頂いた時に

私の講演を聴いて下さったこの社長さんが

右腕に育てたいという従業員を連れて早速申し込んで下さいました。

 

「話す力が人生を変える」というテーマで

ほぼ女性達の集まり80名の前でお話させて頂きました。

 

講演の中で

私が、口癖を見張ることが大事ですよ、とお伝えしたことが

とてもインパクトに残った、と今回申し込んで下さったのです。

言葉が届いたんだな、ととっても嬉しかったです。

 

みなさんは、普段どんな口癖を使っていますか?

36e30fea56f39e269525cf33f8c8cece_s

といってもきっと意識されたことなど、ないはずです。

口癖とは、自分では気がつかないものだからです。

でも、周囲は知っている。

あの人の口癖よね、と周囲は知っている。

知らないのは、本人だけ。

 

私の知っているある40代の女性は

「最近どう?」と聞くとかならず

「もう最悪なんです~~」という口癖がありました。

ご本人は、世間話程度に適当にその場の空気に合わせて

言っているようですが、

この「最悪」という言葉は、本当に、「最悪」なのです。

 

「子供さんはどう?」

「もう、あいかわらず、最悪です~」

「ご主人は?」

「そっちも、最悪です~」

「お仕事は?」

「なんだか、よくわからないけど、いまいちです~」

「体調は?」

「最悪です~~~」

 

とっても魅力的なお顔立ちをされている女性なのですが

残念ながら

実際に、ご自身が「最悪です~」と言ったとおりの

毎日を送っているようです。

 

実際に体調も悪く

実際に仕事もいまいちで

実際にお子さんやご主人とのもめごとが絶えず。

 

そんなの偶然でしょ?

そんなの因果関係はないでしょ?

 

そう、思いますか?

 

私は、「話す言葉で、人生は変わる」と確信しています。

あなたが話す言葉は、誰か他の人に伝達をするための道具であるとともに

もうひとつ、重要な動きをします。

それは、

あなたが話した言葉があなたの耳からあなたの心奥深くへ入り込み

あなた自身の潜在意識に影響を与えます。

 

つまり

自分が言った言葉を一番聞いているのは、他でもない自分、なのです。

 

これを

暗示、と言います。

あなたはどんな暗示を毎日あなた自身の潜在意識に

送りこんでいますか?

と問えば、ちょっと怖くなりますよね?

 

私達が、日々、何気なく言っている言葉

これを口癖と言います。

そして、その口癖は

あなたが一人の時、ボーーっとしている時

車の中で考えことをしている時

頭の中で独り言として繰り返されます。

 

私達は、一日の80%をこうした暗黙の口癖を頭の中で繰り返していると

言われています。

 

会話の中ではしばしに出てくる口癖に注意しなくてはいけないのです。

私の個人レッスンの中でも

  • 「結局ね」
  • 「やっぱりね」
  • 「最悪」

という口癖を使われる方は、

私が指摘するまでその口癖をご自分が持っていることにさえ

気がつきません。

 

自分の人生で

先送りにしていることがたくさんある人

解決したいけど、正面からその問題に向き合うのが嫌

という方は

「結局ね・・・」という口癖をよく使われます。

「結局ね」ということで、また先送りしようとしている

心の現われが口癖になって出てきます。

momeru

やっぱりね

という言葉をよく使われる方は

ご自身の今までの人生の中で

「頑張っても無理、だから、やらない」

とあきらめた感情に支配されている方です。

 

私達が、心に刻んでおかなくてはいけないこと。

それは、

「何度も何度も繰り返されたあなたの言葉は

1寸の狂いもなく、必ずあなたの目の前に現れる」ということなのです。

nou_s

頭の中で繰り返し考えていること

不安や

恐れ

怒りや

この先どうなるんだろう?

もしかしたらこんな最悪なことになるのではないだろうか?

と頭で思っていることは

思った通りに、なる。

ということを知っておかなくてはいけないのです。

 

人は、自分が思った通りの人に、なります。

よくも悪くも。

あなたは、ご自分のことを

どう思っていますか?

どう考えていますか?

あなたの3年後はどうなってますか?

あなたの3年後にあなたの周りにいる人は誰ですか?どんな人達ですか?

あなたの3年後はどんな気持ちでどんなことをしていますか?

uketoru

あなたが、今この瞬間に

思った通りに、なっていきます。

switchi

実際に、私の個人レッスンをお受けになった方で

「先生、私は、いついつまでに、ここまでいきたいんです!」

「先生、私どうしても、今回の仕事を成功させたいんです!」

「先生、私、こうなりたいんです!!」

と、ご自身が理想とする行きたい場所が明確になった方は

見事に、そのとおりになっていきます。

 

それは

ご自身がまず言葉を発し、

その言葉をご自身が深く深く落としこみ

さらにその言葉を周囲が受け取ったことから

物事が一気に現実のものとして

動き始めるからです。

 

「こうなりたい!」と思った

ということが全ての始まりです。

 

そこがないのに

どんなに知識を乗せても無理なのです。

車にエンジンが乗っていないわけですので

見た目はきれいでも走らない車なのです。

 

ぬるいお湯の中に長年つかって

何も考えていない人は

漂流していくのは、当然です。

 

そしてこの先、日本もかなりの長寿社会になりますので

何も考えていない

ということは

実は恐ろしいことでもあるのです。

 

心が迷路に入ってしまう方が増えてきました。

どうしていいのか、わからない。

迷っている人の言葉はやはり、迷っている言葉なのです。

 

その時その時の感情のまかせて不安になったり

腹がたったり、恐怖したり、その気持ちに

翻弄され次々起こる現実に

反応し、落ち込んだり喜んだりしている状態

感情のアップダウンが激しい人は

間違いなく、「何も考えていない」のです。

 

考えるべきことを考えず

考えなくてもいいようなことで頭がいっぱいになっているのです。

迷ったり

怒ったり

腹がたったり

不安になったり

怖くなったり

人の目がきになったり

 

はやい人では40代から

50代になるともっと増え

60代になるとさらに不安が加速しはじめます。

 

言葉を意識して使っている人と

起こることにいちいち反応して怒ったり落ち込んだりしている人の差は

これから大きく広がっていきます。

言葉の力を知っているか

知っていないかの、差、だけです。

 

知っていればなにもかもきっと真逆の方向へ向ったはずなのに

知らなかったがゆえに、自己流で走り続けてしまった。

その結果、もう引き戻さなくなった。

知らなかったがゆえに、です。

wakaremich_s

だから、

言葉を見張らなくちゃいけない

と私は生徒さんに伝えています。

 

あなたが3~4人の仲のいい友人同士で食事をしている時に

あなたがリラックスしている時に

どんな言葉をよく使っているか

また、仲のいい友達は

どんな口癖を持っているのか?

会話のはしばしにどんな言葉が良く出てくるのか?

一度観察してみることも

いいかもしれません。

 

人生がうまくいっている人は

出てくる言葉が違うはずです。

何気なく使う言葉が違うはずです。

 

人を観察することで

自分の口癖に気がつくこともあります。

あなたの周りにいる人は

あなたと同じような口癖を持っている人が

多いはずです。

 

否定的な言葉のオンパレードになっていないか、

一度チェックしてみることもいいかもしれません。

 

 

  • 「結局ね」
  • 「やっぱりね」
  • 「最悪」

 

あなたは無意識にこんな口癖を使ってはいませんか?

強みを引き出す話し方個人レッスンでは

あなたが無意識に使っている口癖を修正していきます。

 

香川県 高松市 話し方教室 人間関係の悩み コミュニケーション能力 スピーチ プレゼンテーション力 メンタルを強くしたい 対人関係 話し下手 文章指導 上がり症 緊張タイプ コミュニケーションスキルを磨きたい 岡山県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県より生徒さんがお見えになっています。

yoyakusuru